読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も今日とて。

5人のアイドルに日々陶酔、ハンバーグと柴犬に惚れ込んだ日から始まった私の御宅人生

ドラマ特有のバーンアウトに身を任せ

ジャニーズ

5→9 ~私に恋したお坊さん~ - フジテレビ

お久しぶりなブログのネタがアラシゴトではなくて申し訳ないんですが。



今クールのドラマと言うと、私は掟上今日子の備忘録 と 5→9(5時から9時まで)しか毎週しっかりと見ていなかったんですが。


ごじくじにいつの間にかどっぷりでして。
録画とはいえ、きっちりリアタイできてる日もあって。

元は石原さとみちゃんと山Pという美男美女カポーの恋愛ストーリー(月9)というところに食いついたわけです。

しかも山Pお坊さんなのか!!それいろいろテンション上がる!!的な感じでした。


ドラマ序盤は全くオチない潤子さんとその周りを巡る三角関係やらなにやらが慌ただしくて、落ち着いて見られるのはアーサー・モモエ先生コンビくらい。(笑)

高嶺さんはひたすら潤子さんストーカーだし、なんかこれ飽きるかなぁ…とか思ってたのに。

気付けば目が離せなくなって、backnumberの曲が空港でエンドロールと共に流れる図を想像しては、ムズムズ・ワクワク・ドキドキして、ほんとに毎週の展開を楽しみにしていました。



なんせ、結婚や恋愛の鉄壁のお祖母様役としてはもう文句ナシの加賀まりこ様が最後までブレませんから、こりゃ高嶺さん住職やめる色強いなと思ってたら。



最終話。
潤子さんも高嶺さんもズッキンズッキン
傷ついて、涙ボロボロ流してて、
でも、ああ、これが恋愛だよなって。


純粋に愛され続けることを受け入れていたら、いつかこんな未来もあったんじゃないかって過去の自分に照らし合わせてみちゃったり。
…たり。



ラストシーン、お洋服で出てくる高嶺さんが違和感だらけで笑いそうでした。今朝のめざましテレビでも山P言ってましたが、もう洋服着ると恥ずかしいんでしょう?ずっと袈裟にしよ?似合ってるよ?


そして、ホントにさとみちゃん可愛い。
美しいしキレイだし英語饒舌だし、
天は二物を与えずなんて嘘、例外がここにいますよって感じでした。



山P、あのさとみちゃんの魅惑の唇をやっとものに出来ましたね、良かったね。

今まで散々おあずけ食らってきたんだ、
何度でもするが良いさ!!
さあ。愛し合う2人よ、聖なる夜に永遠に!!!

って感じで最後まで見させて頂きました。







純粋に愛され続けるって不思議なもので、
いつの間にか、その受け取った愛に応えたくなるんだなぁ。


博物館のシーンが私は好きです。
胸が本当に引き裂かれそうで苦しいけど。
あんな恋愛してみたかった。





グッバイ!!!!!!

私も使ってみようかな。
(※ただの陽気なお姉さんに過ぎません)